夫の呆れた悪戯

ある夜、私は1人風呂に入っていました。

「ふぅ~」と一息ついた時、風呂の直外に人気を感じたんです。

そんな事が数日続き、私は夫にその事を話したんです。

夫「分かった!お前が入っている時、外見てみるよ」

私「お願いね」

住宅街で、辺りには家が立ち並ぶ…