陽子のおもいで 第21章 新しいオメコ

東京への出張が終わって、平和な日々が戻ってきた。ぼくと陽子が付き合っていることは、職場のみんなに何となく知れ渡っているようだが、陽子がここまで淫乱で変態であることは誰にもばれてはいないようすで、僕としては、ホッとするような、それでいてモノ足らないような、…