この歳になって 第二章 アップし直し2

この子はもう十分に解っているよ。」と間に入った。
そしてこの部長を取り締まり室に呼んで秘書自慢の美味しい珈琲を振舞って「さて、君の悩みを聞こう。個人的な心配事が無いとああは怒れないだろう。急に思いつかなかったら珈琲を飲みながらゆっくり思い出してくれ。」部長はお子さんが大学入試に向き合ってくれない悩みをぽつぽつ話し始めた。黙って全部聞いた。
「君は実によく働く。でも休みの日にお子さんとちゃんと向