★棚からぼた餅ならぬ、棚から女体の体験談

 日曜日の人気の少ない朝の薄野を歩いていると、ルーのVネックサマーセーターにベージュのフレアスカートの、スリムな30歳程の綺麗な女性が向こうから歩いてきた。近づいて来ると目が合って、彼女の方から声を掛けてきました。 彼女は、少し酒臭い息で「おにいさん、何処へ行くの」と聞いてきたので「別に」と答えると「お茶でも飲もうか」と言うので喫茶店に入り、コーヒーを飲みながら話を聞くと、彼女は離婚して半年程で小学