【エロ体験】 死の淵から[第3章-手紙-]

田中や美鈴さんの話を聞きながら、私は妻の心境を思い、また私自身の甘えや不甲斐なさを感じ、私自身も変わらねばと思うのです。私は妻にいつも変わらぬ愛情で私を守ってくれる母親を求めていて、桂木諒子という一人の女性を求めてはいなかったのかもしれません。妻も…