童貞の初めての風俗体験談

1996年、春。高校を卒業した。
受験に落ちた隆志と、大学に合格した友人である健太郎は、とあるたくらみを企てていた。
「なあ、健太郎よ。俺らはついに高校3年間で童貞捨てられなかったよな・・。」
「ああ、そうだな・・。」
 3月とはいえ、まだまだ冷たい風が吹く…