性的感情のなかった女友達の無防備な寝姿に欲情した体験談

女友達を夜這い。男っぽい性格の女友達で、男友達を泊めることに抵抗がないらしい。それまでに数度泊まったことはあったが肉体関係はなし。下ネタを話すような間柄でもない。その日もいつものように布団は別々に、横並びに寝た。夜中、ふと目が覚める。徐に女友達の方へ目をやると、布団が肌蹴て上半身から右足が剥き出しになっている。寝相の悪い奴だ、ぼんやりした視線は捲れたパジャマから覗くヘソに釘付けになる。ドキっとする