母の友人と名乗る女【熟女体験談】

大学進学してから、1人暮らしを始めた頃の事。まだ友達もさほどいないのし、サークルも決まっていなかったのに、いきなりドアのチャイムが鳴って、驚かされた。一応、ドアの小さな窓から覗くと、小奇麗な熟女が玄関の前に立っていて、スーパーの袋に入れた何かを持っていた。少し怖いので、声を掛けてから、「母親の友人だ」と言うので、ドアを開けたら、名乗ってくれたものの、「お母さんから頼まれてね。」とスーパーの袋に入っ