★引越した街での出会いの何気ない話

 就職して引越した街にもなれてきた頃、夜の街を面白いところが無いかと歩いていると、飲み屋街から家並みの少ない寂しそうな方向に向かってスーツ姿の熟女が歩いていました。道に迷ったふりをしながら彼女に近づき架空の家を知らないか訪ねると、当然判らないと言われたが、困ったようにしていると、彼女が一緒に探してくれることになり、暫く世間話しをしながら歩きました。 当然そんな家は、あるはずもなく、あきらめる旨を伝