紀子との思い出

自分の同級生で幼馴染みの紀子が、結婚式の前夜にその報告に来た。紀子とは、母親がともに看護婦で同じ病院に勤めていたことから、小さい頃から小学校の3年生くらいになるまで、お互いに(非番の方の親に)預けられていた関係で、兄弟みたいな感じだった。紀子は、目が大き…