お互いの寂しさを紛らわす関係【体験談】

妻に先立たれ毎日涙していました。妻の友人の真澄さんが俺を心配してラインや電話で俺を励ましてくれてました。何度も食事に誘われその度断っていました。騒ぐ気持ちもなく人混みを嫌ってたからです。あまり断りつづけるのも失礼かと思い4回目のお誘いを受けました。彼女と会うのは妻の葬式以来でした。お互いの家は車で5分位の距離でした。ある日曜の午後真澄さんと食事してあてもなく車を走らせていました。海岸をドライブして渋