其の一  野良千ずり

其の一  野良千ずり 

 春さき、野辺へぶらつきゐるうち、蓬つみ又は田芹ひきにと、十三四の処女ども、五人、三人足もそらにかけ歩くさまを見れば、何となくゆかしく思はれる。かかる折にも、一物をもちあつかひ堪えがたき熱をさまさんとする者、若き人には多かるべし。かやうなる時、快くやらんと思はヾ、さりげなき様して、処女のそばへ行き、我も同じやうに草つむふりにて、子供等の挙動をうかヾふべし。処女達はつみ