憧れの女性が精子まみれのチンコを丹念に舐めてくれた大満足のセックス体験

憧れの藍子20歳が家に遊びに来た。ドアを開けるといつも通り可愛く、お洒落だった。フリフリのミニと綺麗な生脚にドキッとした。DVD見たり夕飯作って食べたりした後、飲みながらマッタリしてた。不意に藍子が後ろにあるバッグを取ろうとお尻を突き出した状態になった時、ミニスカから赤いショーツが見えた。そのことを言うと笑いながら俺を叩いてきた。ふざけて俺もスカートをめくったり抱き着いたりした。酔いもあり段々我慢でき