★淫乱なSEXに落ち行く私の体

 あの夜、残業で遅くなった私は、近道しようと一人で公園を急いでいました。危ないとは思ってももし襲われても死に物狂いで抵抗してやる、くらいに思っていたのです。不意に黒い影が視界に入ったかと思うと、私の体は宙に浮いていました。 何がなんだかわからないまま暗がりに連れ込まれると、そのまま押し倒されたのです。「静かにしろ、殺すぞ!」私の上にのしかかった影が耳元でドスのきいた声でささやきます。血が凍りそうで