高校時代に付き合ってた彼女とセックスしまくってたら小遣いのほとんどがゴム代に消えたwww

高校3年になってすぐ、1年下の明美に告白され特に好きな人がいるわけでもなかったので付き合うことにした。映画観たりご飯を食べたりゲーセンで遊んだりが僕らのデートだったが、二ヵ月も過ぎると僕は時々明美の家を訪れるようになっていた。お母さんは娘に彼氏ができたと歓迎してくれたが、お父さんは明らかに不機嫌そうな顔をしていたので、気が重かった。明美も察してくれてなるべくお父さんがいない時に誘ってくれて、そんな気