家庭教師をしてる女子大生が悪ガキの性●隷になった話

その女子大生は家庭教師をしていた。彼女が教える生徒は、中●一年生の少年だった。小柄で内気そうな教え子の少年は、小●生の頃からイジメられっ子だった。週に2日ほど教えに来ていた娘は、少年の顔に殴られたアザを見るたび心を痛めた。「どうしたの?大丈夫なの?」 娘はいつも少年を気づかい優しく話しかけた。 「ひどいことするのね。」一人っ子の彼女は少年を弟のように感じていた。今年の春、彼女は大●2年生になっていた。