若く美しい肢体に溺れて肉欲の虜になり絶倫ではない筈だが精力が漲(みなぎ)ってきた体験談

見上げれば空の端は明るくなりつつある。夜勤の仕事を終えたボクは駅へ向かっていた。ふいに刺すように冷たい風が吹いてボクは思わず首をすくめる。もうすぐ始発電車が走り始める時刻。疲れた足取りで駅の改札口へ向かっていると、ボクのすぐ脇を若い娘が追い越し通り過ぎていった。冷たい空気を伝って甘い香りが鼻腔をくすぐる。その香りは繁華街に漂う淫猥な匂いを連想させた。しかし、色白でほっそりとした娘の面差しは水商売を