先輩の奥さんが寝ているところを夜這いして…2【寝取り体験談】

翌朝、いくら二日酔いでも寝不足でも、先輩宅で寝坊するわけにはいかない。何とか起き出して先輩と2人、奥さんが作ってくれた茶漬けをかき込んだ。奥さんは俺達の朝食に付き合いながら、平然と「昨日は随分遅くまで話してたみたいじゃない」なんて言ってのける。こっちはドキドキなのに、さすが主婦は度胸が据わってるなーと感心してたら、テーブルの下でそっと俺の手を握ってきた。いきなりで焦ったが、それでその気になるのが俺