野球部で万年補欠だった僕が新人マネージャーの膣内に大量の白濁液を放出した話

高校時代、僕は野球部に在籍していた。中○から万年補欠で、選手を諦めていたので2年からマネージャーをすることにした仲間と汗を流して感謝もされ、やりがいがあった。2年の半ばまで僕は下働きやスコアラーに励んだ。そろそろ退いて受験勉強に専念しようと考えていた頃秋の市総体にむけて新しく2人のマネージャーが加わった。元々2人の女子マネージャーと僕の3人いたが3人とも近いうちに引退を決めていたのだ。新人マネージ