コーヒーに睡眠薬仕込まれて拘束された私が幼馴染にレズられた話

「ただいまー」「あ、おかえりお姉ちゃん!お風呂わいてるよ?それとも先にご飯食べる?」バイトを終えて帰宅した午後9時、法事で母方の実家へ帰った両親の代わりに、近所に住む幼馴染の子が迎えてくれた。両親も昔から私をお姉ちゃんと慕って仲の良かったこの子、和紗(かずさ)を信用していて、出かける際には合鍵を渡していたぐらいだ。「じゃあ先にお風呂でー」「冷めちゃうといけないからってまだ沸かしてないから15分ぐらい待