職場では紳士な黒人の上司のセックスがすごかった…

小さなメーカーに勤めていたら、外資に買われていきなり黒人の上司がやってきた。だらだら外国で暮らしていた時に付いた英語力だけで入社した俺にとって、良いか悪いかよくわからない展開だ。やってきた上司(黒人なのでボブにしとく)は、俺の貧弱な黒人へのイメージと違い、「ヘイメ〜ン!!」とか「ファック!!」とか言わない(当たり前か)物静かな男だった。 ボブは日本語は出来ないが、仕事は猛烈に出来る。お得意先に行けば正座して酒を注ぐし、落成式には半被を着…

続きを読む

関連記事

  1. クライアントの女性と飲んでいたら、股間をいきなり触られて・・・ クライアントの女性と飲んでいたときのエッチな経験のアダルト日記。 雑談をしていたら、偶然家が近いので最寄り駅で飲みましょうという話に。 25歳の彼女は、一部上場企業に勤めていて、大学から東京にきているらしい。 仕事の話から、恋愛の話まで。。 そして、飲みが深まるにつれてセックスの話も。 前の彼氏の性癖がおかしかったらしい。 いつも思うけど、他の男のセックスって、そんなにいっぱい見たことがないので、話を聞いているとおもしろい。笑 女性が、…続きを読む…
  2. 病院の忘年会で伝統のナースのよるラインダンス 病院の忘年会で伝統のナースのよるラインダンスのエッチ体験談。 ラインダンス 毎年、オペ室の忘年会で披露される。 これを目当てにオペ室の忘年会の出席者(特に医者)が多いとも言われている。 新人(3年めぐらいまで)の看護婦さんがやらされる恒例の芸で、 特にその年に配属された1年めの看護婦さんにとっては登竜門です。 最初に2年目以降の看護婦がナースルックで登場(これだけでも十分凄いです) 「いちに、いちに」 とかけ声で合わせながら脚が振り上げ…続きを読む…
  3. 同じ病院の看護師を個室で診察した 同じ病院の看護師を個室で診察したエッチ体験談。 以前、地方病院で一緒の病棟で仕事をしていた看護婦さんを 診察した時の体験を話してみたいと思います。 まったくの見ず知らずの女性を診察する場合は、 下半身が変化することはめったにありませんが、顔見知りの場合は別です。 特に、普段一緒に病棟で仕事をしている看護婦さんの場合は特別です。 看護婦の仕事はみなさんが想像している以上に激務です。 したがって、けっこう、同じ病院で仕事をしている看護婦を …続きを読む…