誰も言えない…(続き)3

私の唇から父の精子が溢れてました。私はどうしたら良いのかわからないので、おちんちんをくわえながら父の顔を見ました。父は気持ち良かったみたいで私の頭を撫でてました。父「うっ…」まだ私の口内でピクピクしてました。父「ごめんな…精子が出てしまえば悪い事はしない…