【拘束フェチ小説】檻姫(番外編)

304 : 檻姫[sage] 2008/11/25(火) 01:57:47 ID:qMfPL6aP0

________
 
 私は地下牢にグレンドルを呼び出し、かねてよりモリスから言われていた恥ずかしい話を切り出した。
「クレンドル、そなた私に惚れていると申したな」
「ち、ちが! バッカ、いきなりそんな話、スレイらしくないぞ」
 口の利き方がいつも一緒に戦っている時と同じなので少し安心した。
「恥を忍んで申すが、実はこの甲冑、私の体の