親友の位牌の前で未亡人のマンコに白い精液を放出した話

2年前、親友が心筋梗塞で亡くなった。それも会社の出張中で海外だった。残された奥さん38歳と子供8歳は急に駆けつけることが出来ず、無言の帰宅だった。俺は毎月の命日に親友の仏壇に手を合わせ親子の様子を見に行っている。1周忌が過ぎた頃、奥さんが、「1周忌のとき、主人の会社の人がたくさん来てくださったのよ。そのとき耳にしたんだけれど、主人ね現地の未亡人のお宅のベッドで心臓の発作が来たみたいなの。救急車が来