危ないトレーニングジム 1【堕ちた人妻】

「あぁ、鎌田さん。今日はゴメンナサイね。朝早くからこんなこと頼んじゃって・・・」いつものトレーナーが頭に手を置き、ペコッと頭を下げる。「いえ・・・、こちらこそお世話になっています。気にしないでください」そんな低姿勢のトレーナーに、笑顔で応える未央。「こちらが撮影に協力してくださる方ですか?」声のする方を見ると、見た事の無い男性が入り口から入ってくる姿が見えた。「あ、中村さん。こちらが協力してくださる鎌田