放課後のエロ・トーク

思春期まっただ中の学生時代。 俺たち男の子の間では、女の子は身近な存在であると同時に、 多くの謎にも満ちたある種の神秘的な存在だった。 俺らの時代はまだ性教育が始まったばかりの微妙な時代だったので、 正直説明する側の先生にも照れがあり、 核心に迫る部分の表現が…