初めての彼女とヤリチン野郎 3

15分も経たない内にインターホンが鳴り響いた。俺がいる脱衣所は階段の下にあったため、脱衣所の引き戸を開けて玄関を覗くことができたが、顔を出すにはリスクが高くて引き戸を開けるだけにした。香苗がすぐに階段を下りてきて、「どうぞー」と言った。「お邪魔しまっす」という男の声が聞こえ、俺は確信した。その声は間違いなく、根岸である。香苗は「もーう、突然で大変だったんだからねー」と言って根岸と一緒に階段を上がっ