満員電車の中でムチムチのヒップに俺の下半身が密着して興奮してたら姉ちゃんだったwwww

井の頭線上り渋谷ゆきは今日も通勤通学客でいっぱいだ。「しょうがねえナア」と舌打ちしながらも、俺は最先頭車両へ急ぐ。混雑度合いが更に激しい1番前のドアに乗り込む。これ以上乗れないよ、という状況から俺の後ろに一人乗り込んできた。「ちっ…」悪態をつこうとしたが背中越しに若い女性らしいことがわかり「まぁ、いっか」という気になる。乗り込んで来た女性はドアのほうを向いており、丁度俺とは背中あわせになったような感