職場のお局さまがド淫乱のド痴女でキンタマ枯れるまで搾り取られた話

新卒で会社に入ったばかりのころ、課に30直前のお局さまがいた。顔は中の下くらいだが、カラダはむっちりしてて、かなりエロかった。ある週末に飲み会があり、俺はお局さまを狙っていたが、先輩達に阻まれ、失敗。結局、飲み会が終わるまで一言も話せず、店を出たところで、奇跡が起こった。帰る方向がお局さまと一緒だったのだ。先輩たちをおしのけ、強引にお局さまと同じタクシーに乗り込んだ。タクシーの中で、いろいろ話をして