人妻に脚コキされる童貞【体験談】

さっそうとホテルの部屋へついたゆらは気づけばまだ彼とまともに口すら聞いていなかったことを思い出した。彼は出会ってからずっとうつむきっぱなしで、ゆらの顔さえ直視できていなかった。ゆらはちょっと先走りすぎたなぁと反省した。ゆらにとってはごく普通の日常的な非日常のセックスではあるが、彼はこれから一回りも年上の人妻に童貞を奪われてしまうのだ。もう少し彼の緊張を解いてあげなくては彼は今にも逃げ出してしまいそ