母親に筆おろしされて毎日調教された私のエッチな体験談

今から十年前、私は小六の♂でした。その頃の私は友人から借りたエロ本やDVDを観ては、性的興奮を覚え自慰をする快感を日々楽しんでいた。学校から帰宅したある金曜日、一生忘れる事のない出来事が始まる。因みに父は単身赴任で、家は私と32歳の母二人きりだった。その日はいつも通り時間が過ぎ、就寝するまでベットの上で漫画を観ていたのだが、ノックがして母が部屋に入ってきた。「優、ちょっと話したい事あるけどいい?」『何?』ベット