猛烈に後悔した処女喪失体験談

私はそのとき二十歳。○○大学に通う二年生でした。その日は当時入っていたバドミントンサークルでコンパがありました。カラオケボックスの一室でコンパは宴たけなわ。私もそんな談笑の輪の中に交じっていました。「どうだ、宮原、佐伯さんとは順調なのか」隣に座る一つ年上の多田さんが話しかけてきました。彼は同じサークルの先輩です。四角い、面長の顔だち。背が高く、広がった鼻は……言っては悪いかも知れませんが、どこか豚を連