まったく知らない娘との濃厚なセックス【エッチ体験談】

30代だった頃の事、私は仕事場に一人で運転しながら、逸物を出して走っていた。朝まだ早い六時前の霜の降りた朝だった。あたりはまだ薄暗くライトをつけての運転だった。山あいの田んぼの近くのバス停で若い娘さんが一人でバスを待っていた。どうせ用心して乗ってはこないと思ったが、「何処まで行くの良かったら乗りなよ」と声を掛けた、振り向いた娘さんは「済みません××〇迄お願いします。」と言いながら隣の席に乗り込んで来