真面目な人妻のマン開き【体験談】

あんな最低な男に身体を好きなようにされてしまった。口惜しくて、惨めで、とにかく夫に申し訳なくて、涙が止まらなかった。私は泣きながら身体中にお湯を掛け、肌が擦り切れるくらいゴシゴシ洗った。どんな高級な石鹸を使っても、どんなに力強く擦っても汚された身体は元には戻らない。そんなことは分かっていた。それでも私は、ただひたすら身体を洗い続けるしかなかった。どれくらいそうしていただろうか。かなり長い時間バスル