ただ愛した人のために 2章

そんな嫉妬心を感じていながらもどうしてもふに落ちないことがありました。どうして瑛は私にこの話をしたのか、またどうして異性である私に話してくれたのか。信頼してるからという答えで自分を納得させるにしても少し無理がある訳で「(他にも話せそうな人はいるだろうに・…