同じ会社の地味な五十路独身熟女の垂れてプヨプヨになった体に興奮したエッチ体験

その日は花金で会社で残業していた同僚達と飲みに行きkました時間も遅かったので、1件目で解散して駅に向かい、同じホームの方向に向かうときに隣の部の地味な五十路熟女のEさんと一緒だったので「飲み足りないからもう1件付き合ってもらえないですか」と言ってみた。Eさんも飲み足りなかったようで、すんなりOK。会話はまあまあ盛り上がり、俺も酔いが回ってきたのでエロい気分に。Eさんは時間を全然気にしていないような