虚勢を張ってSM嬢をしていた私に、生き方を教えてくれたヘアーメイクの素敵な彼氏

当時私は、風俗に務めていた勤めていたのは、ピンサロやソープランドではなくSM嬢そして、SM嬢をやっていて、忘れられない男性がいる。今でもあの時のパフュームを嗅ぐと思い出すあの男性。匂いの記憶はフラッシュバックみたいに鮮やか。ピンヒールにコルセット、特注品の鞭で武装してたっけ。SMモノビデオの撮影で彼は来てた。普段は絶対に起き出さないような時間に起きて、朝日が眩しかった。「おはようございまーす」と、だらけ