姉さん女房を寝取らせて…2【体験談】

瞳は乳首を舐めながら、アキラのおちんちんを手で握る。「凄いね、君の、、、ちょっと引くね(笑)」言いながら手でおちんちんをこね回す。「瞳さん、凄いです。最高っす。お願いします。キスもしてください。」アキラのこの言葉は、心臓に刺さった。「それはいいや、、、君変なことするからね(笑)」さっき唾液を飲ませようとしたことにまだ怒ってるようだ。「エーー!ごめんなさい!もうしないから!」瞳は、アキラの唇にほんの