超綺麗なのに中身がオヤジな彼女【体験談】

初めて彼女を見たとき、僕はあんまり綺麗なので息を飲んだ。人形かと本気で思ったくらいにその肌は白く透けていて、色素の薄い髪とその髪と同じ色をした瞳は驚く程大きかった。生きていると信じられなかったから、彼女が振り向いて目が合った時には心拍数がハネ上がって思わず声が上擦った。「エ、映画研究会の部室ってコッ、ココでイイの!?」長いまつげに縁取られた大きな瞳が見開かれて、薄いピンク色の唇から発せられた第一声