出会い系での勝負 3【エロ体験談】

少し走らせたところで、出勤の渋滞に捕まり中々進まない。あんなちゃんは退屈そうに外を見ていた。私は暇そうなあんなちゃんのスカートの中に左手を滑り込ませた。「ひゃ……なに?」「暇そうだから触ろうかなって」「ちょ…やだぁ…」左手の薬指と人差し指でワレメを押し広げ、中指でクリ○リスを優しく愛撫する。左手のぎこちない動きでも、イったばかりのあんなちゃんには刺激が強いらしく、「あっん……やっ……んっ……くぅ……」しきりにHな吐息