コタツに潜ったら義母のハミ毛&食い込み巨尻がモロに見えて禁断の一線を越えてしまいました。

私は禁断の一線を越えて義母と近親○姦してしまいました。そのダブーを犯す原因になったのが熟れた体の義母の裸体を見た事に始まります。私は交代勤務の仕事柄、平日休みも多く、日中義母と一緒に過ごす時間が多かったんです。その日は雪が大量に降り、朝から義母と私は庭の雪かきをして汗を掻いていました。一足早く家に入った義母を横目に、私は最後の仕上げ作業をしていました。雪かきは物凄い肉体労働で、寒かった筈がいつの間