紀子の続き

今と違って、エロ情報が氾濫していたわけでもなく、標準的な小学生だった自分は、SEXのこともオナニーのことも知らなかった。ただ、あそこを床に押し付けて足をバタバタさせているうちに、ピクピクいく感覚が気持ちよいことは低学年の頃から知っていた。それは彼女も同じで、…