幼馴染の女の子が気弱な僕と (2)

それから僕はYの愛液を舐め尽くした。Yは自分からマンコを開き「入れて」と言うので構わず入れた。濡れていたのでチンコは簡単に入り始めはゆっくり動かしだんだん激しく動かすと「あっうっ」声にならない叫びをあげていました。そして僕はそのまま挿入し続けて「出そう」と…