拉致された少年(3)

口から溢れた唾液は太ももを伝わり、すぐに冷たくなった。時々口を離して太ももから玉をベロベロ舐め、またチンコを舐める繰り返しだった。やがて生まれて初めて快感に近い感覚を覚え、少しだけ不完全ながら勃起した。固くなったチンコにおじさんの息遣いは荒くなり、舌の動…