何とも言えない気持ちを抱えて彼女を抱いた【体験談】

彼女と会った。いつもの駐車場で待ち合わせた。彼女はいつもよりも早くやってきた。「○○くん!」彼女の笑顔はいつも通りだった。「今日もお疲れ様、○○ちゃん。」と彼女の髪を撫でた。いつもと変わらない待ち合わせだ。晩御飯を一緒に食べた。話したこともいつもと変わらない。仕事の話、共通の趣味の話、他愛のない話。二人で笑った。そのあとホテルにいくのもいつも通りだった。ホテルの駐車場に車を止め、中に入る前に彼女を抱き