女性上司の誕生日プレゼント【エッチ体験談】

先週の金曜日に上司の玲子課長(34才)が「俊則君、二十歳の誕生日おめでとう」と声を掛て頂き嬉かった。課長は安田講堂で有名な大学の院卒で近寄り難い人だと思っていた。入社して三ヶ月位経った時、帰宅しようと駅を出た時、課長が僕とアパートと同一方向に歩いて、駅から3分位のマンションに入るのを見た。僕のアパートはマンションより15分位の在ります。仕事を終えて帰宅しようとした時、課長が「俊則君、二十歳のお祝いに