冬の一日

外は雪。しんしんと降り積もるその様子は、昔話の世界のようだった。谷あいの村なので、空は山に切り取られて少ししか見えない。妹のさと子とあたしはやぐらコタツにはいってごろごろしていた。すると、そーっと、障子があいた。音はしなかったけど、冷たい風がさぁっと入っ…