当時隣に住んでいた30代後半の未亡人に童貞を奪われた初体験談

奪われたと言うより捧げたて感じかも知れない。体調が悪く学校を早退して家に帰った。その当時母も仕事をしていて家は誰もいない。仕方なく自分の2階の部屋てベットに入り横になっていた。いつのまにか寝むってしまった。誰か人の気配を感じて目を覚ますと顔の前に女性の顔が、『あら目が覚めたの』と隣の未亡人『大丈夫?顔が赤いわよ、寒くない?』と矢継ぎ早に質問。『ちょっとだけ寒い』と僕が返事を返す間もなく未亡人が洋服