★痛かったけど幸福感は最高です

 彼とは2年ほどのお付き合い。ある日彼が自宅に来ないかと誘われ、AもBも知っていた私はCまで行くのは時間の問題と覚悟していました。彼の家は本宅から離れていて、親ものぞくことはなく親に内緒で入れてもらい、ドアを閉めるなり彼は飛びかかるように私を求めました。 ブラは簡単に外され、短パンだった私はパンティ1枚の姿にあっという間の出来事でした。彼はBでわたしの秘密の場所をいじったことで自信を持ってベットで