巷で美人と言われる難攻不落の妻の寝取らせ体験談 5

出会ったばかりの確固たる情愛の証もない男の肉茎に貫かれて、僅か十数秒、妻は紛れもなく、十六年間、夫には与えられたことのない未知なる感覚を躰の芯に捉えたのです。挿入の余韻なのか、妻の尻がピクピクと波打っています。「奥さん…感度良好だな…まだ、嵌めただけなのに…どうだい?いつもと比べて…」実際、岡本氏は挿入後、体勢を整えるために、二、三度、腰を入れはしましたが、抽送というほどの本格的なピストン運動には、ま